性欲減退

08/12/2020
by 店 長

性欲減退のメカニズム

性欲は性行為の始まりになくてはならないものです。男性の性欲がどのようにしておこるかは、その人の過去の経験から性欲をおこさせるような状態になったとき、脳の視床下部を刺激し、ホルモンと自律神経がうまくバランスを保って性行為を行うと考えられています。
一方では脳内のモノアミンという物質が性行為に大いに関与しており、このような作用をおこさせるためには、男性ホルモンの1つであるアンドロゲンが必要となります。
性欲減退は、国際疾病分類という本では「性欲欠如あるいは性欲喪失」の部分に分類され、性行為が困難な状態になるのではなく、自発的な性行為がより少なくなることを意味していると解説されています。
性欲の減退は、神経系の特殊な病気の合併症として発症する場合があります。ほかには、脳炎や脳腫瘍、頭部外傷、統合失調症、うつ病などの病気と一緒に現れることがあります。
次に内分泌系の病気で性欲を減退させるもっとも多いものは、高プロラクチン(乳汁を分泌させるホルモン)血症です。この高プロラクチン血症は脳の視床下部のドーパミン代謝を亢進させて性腺刺激ホルモンの分泌を抑制することで、性行為に異常をきたすと考えられており、この1つに性欲の減退があります。高プロラクチン血症の原因には脳下垂体の腫瘍や薬物服用の影響などがあります。薬物服用が原因で高プロラクチン血症になる人はかなりいます。実際、精神病に対する薬剤や血圧降下剤などによる副作用で性欲の減退する人が当院の性機能外来をかなり受診します。そのほかに精巣疾患、副腎疾患、甲状腺疾患、糖尿病や腎不全(血液透析を行っている人)も性欲の減退することがあります。性欲低下の検査には心理的な問題がある場合も多いので心理テストを行い、ノイローゼ、うつ傾向、不安状態を調査します。そのほかに血中の男性ホルモンの測定や、先ほど述べたプロラクチンなどの性欲減退に影響しそうなホルモンを検査します。また、糖尿病や甲状腺疾患、副腎疾患でも性欲低下をおこす原因となることがありますので、それらの疾患に関連する検査を行うこともあります。
今日でも性欲減退の状態を客観的に調べる方法がないため、患者さん自身の訴えや、また治療で改善した場合でも、患者さん自身からの報告を聞くような問診による判定方法しかありません。
明らかに原因がわかり診断できた人は治療できますが、それはわずかな人にかぎられます。先ほどの高プロラクチン血症に対してはブロモクリプチンというプロラクチンを低下させるくすりの内服を行い、プロラクチン産生腫瘍と診断された場合にはその摘出術を行います。
治療は原因によって異なります。性欲を減退させるような薬物を使用している場合は、可能であれば使用を中止します。心理的な要因がある場合はカウンセリングを勧められることもあります。性ホルモンの低値が原因の場合は、低用量のテストステロンとエストロゲンを含む内服薬が処方されることがあります。テストステロンは性欲を増強させるとともに、筋力を増強し、骨密度の低下を防ぎ、活力を増す作用があります。
性欲促進剤にはアポモルフィンという薬剤がありますが、これは脳の性に関与する部位を活性化して性欲を改善させる方法です。そのほか、男性ホルモンの低下が原因で性欲が減退した場合は、男性ホルモン(テストステロン)補充療法が効くことがあります。

中折れ

08/12/2020
by 店 長

中折れ対策

亜鉛、紅蔘、またオイスターで基本治療

【自律神経のバランス・血液の流れ・たまったストレスを改善する】
現代人の性の悩みは、食生活とストレスや仕事による頭脳の使い過ぎが原因の方がほとんどです。特にストレスにより、勃起に重要な自律神経のバランス、血液の流れが非常に悪くなっています。
亜鉛をベースに紅蔘またはプラセンタで基本治療を行います。期間は平均で3ヶ月です。
勃起のメカニズムは、性的刺激を脳で受けて、その刺激を勃起中枢に伝達することから始まります。その伝達をしている神経が自律神経の中の「副交感神経」です。しかし、ストレスなどの原因により、神経の高ぶりが続き、「交感神経」が働きすぎてしまいます。
すると、勃起の命令がうまく伝達できずに、勃起不全に陥ってしまいます。
「紅蔘」はその有効成分「サポニン」が自律神経のバランスを整え、血液の流れを改善します。その臨床試験および臨床データは、様々な高度な医療機関、権威ある学者の間ですでに実証されており、現在も研究が続けられています。
「カキ肉エキス」は微量ミネラルが豊富で、昔から精力剤の代表的存在として知られていました。その効果は抜群で、多くの方々に喜んで頂いております。紅蔘との相性もよく、併用することで効果も倍増します。
蟻力神は1粒に「亜鉛30mg」を含有している。精力減退、勃起不全には様々なミネラルが関係していますが、中でも深く関与しているのが亜鉛です。
亜鉛は、男性ホルモンにも精子作りにも深く関与しています。そのため、亜鉛は「男の金属」とも言われ、亜鉛が不足すると、生殖機能の低下を招いてしまいます。

性欲剤と媚薬

08/12/2020
by 店 長

性欲減退とは性交に対する衝動や欲求が低下することです。
性欲が一時的に減退するのはよくあることで、多くは疲労などの一時的な原因によるものです。性欲の減退が続くと、本人やパートナーに精神的苦痛が生じることがあります。
性欲は、エストロゲンやテストステロンといった性ホルモンによる制御も受けています。こうしたホルモンの血中濃度は月経周期や妊娠により変動し、この変動が性欲に影響を及ぼします。閉経後にはエストロゲン値が下がるため性欲が低下します。左右の卵巣を切除した場合も性欲が低下することがあります。
抑うつ、不安、ストレス、人間関係のトラブルなども、性欲減退の原因となります。抗けいれん薬(てんかん発作の治療に使われる主な薬を参照)、癌の化学療法薬(タモキシフェンなど)、ベータ遮断薬(ベータ‐ブロッカー)(主な降圧薬を参照)、経口避妊薬など一部の薬剤や、酒の飲みすぎも性欲を減退させることがあります。
性欲を減退させるような薬物を使用している場合は、可能であれば使用を中止します。心理的な要因がある場合はカウンセリングを勧められることもあります。性ホルモンの低値が原因の場合は、低用量のテストステロンとエストロゲンを含む内服薬が処方されることがあります。テストステロンは性欲を増強させるとともに、筋力を増強し、骨密度の低下を防ぎ、活力を増す作用があります。

性欲剤とは狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言う。広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせる惚れ薬、肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤、強壮剤も含まれる。

性欲剤主な分類
媚薬
性欲を亢進させる薬。主に男性の精力減退の治療に用いられ勃起を促す作用を持つ。フィクションの世界では女性向けの薬が用いられることもしばしばである。
勃起機能改善薬
ヨヒンビンやストリキニーネなど性器の充血を昂進させる作用を持つ薬。市販薬ではバイアグラが著名である。
刺激性物質
経口摂取、または注射により尿内に残留し尿路から性器を刺激する。多量に摂ると毒になる物質にこの作用が見られることがある。
性ホルモン剤
アンドロゲン、エストロゲンなどのステロイドホルモン製剤の一部に性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされる。
民間の伝承薬
漢方薬や生薬といった、口伝や経験則によって効能や有効成分が認められている薬、または感応呪術による性器食。

早漏中折れ

08/12/2020
by 店 長

中折れと早漏対策

中折れ早漏の深刻度と回復のコツ
30代以上の既婚男性の約30%は勃起不全を自覚していると言われる。勃起不全とは、満足なセックスをするための十分な勃起が得られないか維持できない状態だ。 勃起が数回に1回しか起こらない人も含める。あなたの勃起不全は治せるものか。だとしたら方法は・・・。
Q:性行為の初めのうちは硬度があり挿入をできるが、ピストン運動の途中で軟らかくなり射精に至らない
A:いわゆる中折れという現象で、これも軽度の勃起不全。このタイプの患者さんは、大抵男性ホルモン(テストステロン)レベルが低下しています。生活全般に活力がなく、うつ傾向や自律神経失調症、前立腺肥大症などを伴っていることが多いものです。 パートナーのためにいつも『勃起-射精』をまっとうしたいのなら、対策はバイアグラが有効です。しかし体力・活力を底上げして男らしさを取り戻すには、ホルモン補充療法がお勧めです。勃起不全(ED)外来や更年期外来のある泌尿器科で受けられます。
Q:若いころに比べてペニスの硬度が落ち、挿入に苦労する。何とか射精までいくが、パワーも快感も乏しい。
A:最も軽度のED(勃起不全)で、生活改善でパワーアップが可能です。高脂肪症や高血圧、糖尿病などの動脈硬化促進因子があると、陰茎にも十分な血液が流入しにくく中折れを招きます。 また肥満、喫煙、飲酒は男性ホルモンの活性を低下させます。私の患者さんで体重を20キロ落とした人、2週間禁酒した人、生活を改善して血圧値が下がり降圧剤が不要になった人が、それぞれ勃起力を回復した例があります。心当たりのある因子の改善を。
Q:性行為の初めのうちは硬度があり挿入をできるが、ピストン運動の途中で軟らかくなり射精にいたらない。
A:いわゆる中折れという現象で、これも軽度の勃起不全(ED)。このタイプの患者さんは、大抵男性ホルモン(テストステロン)レベルが低下しています。生活全般に活力がなく、うつ傾向や自律神経失調症、前立腺肥大症などを伴っていることが多いものです。 パートナーのためにいつも『勃起-射精』をまっとうしたいのなら、対策はバイアグラが有効です。しかし体力・活力を底上げして男らしさを取り戻すには、ホルモン補充療法がお勧めです。ED外来や更年期外来のある泌尿器科で受けられます。
Q:E.セックスしようとしても5回に1回しか勃起しない。ときどき朝立ちはあるのだが・・・
A:朝立ちは前立腺の働きと関係があって、前立腺肥大症があると朝立ちしにくくなります。 このケースでは、まず前立腺肥大症の治療を試みます。 『高温度療法』で前立腺機能を回復させると、朝立ち回数が増えて自信が出てきます。さらにマルチビタミンと亜鉛をサプリメントでとります。それをベースに漢方薬やヤマイモなどのネバネバ食品、ウミヘビ脂質(商品名「ラチカゴールド」)をその人に合わせて選択的にとってもらいます。すると間もなく夜もナチュラルな勃起が得られるようになります。

早漏、ED(勃起不全・中折れ)をしっかり理解し、正しい知識のもとで回復し。 脳が刺激されると、その刺激が脊髄を通って勃起神経まで届きます。勃起神経に届くと、血管拡張物質がたくさん分泌されます。すると 、海綿体中に血液がたくさん流れ込みます。そして血液の逃げ道である動静脈が閉じ、流れ込んだ血液が海綿体に閉じ込められた状態になります。こうしてセックスに必要な硬さに硬直して勃起が完成します。
早漏には二通りあります。
①勃起力には問題がない場合の早漏
②勃起力の衰えからくる場合の早漏
一概に早漏と悩みを持っていても、どちらの早漏かによって回復法も違います。時間に関係なく、自分の意思で射精をコントロールできなければ早漏となります。

ED

08/11/2020
by 店 長

ED(勃起不全)と聞くと「格好悪い」「男として情けない」「相手にはとても言えない」などマイナスのことばかり考えてしまう人が多いのではないでしょうか?確かにそれはひとつの現状なのかもしれません。しかしそれではいつまで経ってもED(勃起不全)を克服することができません。 またパートナーでもある女性も、男性を責めてばかりではいけません。お互いが満足な性交渉を得るため、ED(勃起不全)を克服する為には夫婦や恋人同士の力が不可欠と当サイトでは考えております。 「ED(勃起不全)であること自体は恥ずかしいことではない。」「ED(勃起不全)は現代社会における1つの一般的な病である。」という認識を一人でも多くの方に持っていただき、もしED(勃起不全)になった場合でも前向きに立ち向かい、一度、先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。まず、あなたが以前にかかったことのある病気や、現在かかっている病気、飲んでいる薬、健康状態について医師に話してみましょう。

ed対策方法とed予防にもさまざまある
性的な興奮は神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これがいわゆる「勃起」といわれる状態です。もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。
食事の乱れはED以外にも様々な体の変調をきたします。
特にEDには、糖尿、コレステロール、動脈硬化などが大敵といわれています。
一目で肥満とわかる方はもちろん、隠れ肥満の方や、ジャンクフード、外食大好きという方は要注意です。
加工食品はやめて、野菜、海草、魚、豆、といった食材をふんだんに使い、日本の味である、和食で健康になりましょう。軽い運動はEDを予防する方法として大変重要です。
体の血流をよくする、リラックスする、脂肪を燃焼する・・・などなど様々な効果があります。
血流がよくなれば勃起を起こしやすくなる、リラックスすると勃起を起こしやすくなる、脂肪を燃焼すると肥満予防になり、血流が改善されて勃起を起こしやすくなるというわけです。
よ~し、それでは早速といきなりダッシュや激しい運動は避けてくださいね。
あくまで、マイペースで心地よい疲れが残る程度が理想です。
ウォーキング、軽めのジョギング、水泳などは有酸素運動ですのでお勧めです。

早漏

08/11/2020
by 店 長

早漏基礎知識

早漏(そうろう)とは、性交の際にパートナーの女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことである。
一般的に、早漏の原因とされるのが、ストレス、プレッシャー、コンプレックスと言った、精神的な部分からくるものと言われています、過度の緊張から挿入前に射精に達する方も中にはいるのです、決して、早漏は恥ずかしいことではありません、日本人の成人男性の4人に1人が、早漏といわれています。精神的な原因のほかに、包茎による早漏とされる方も次に多くそれは、包茎で亀頭部分が包皮(皮で被われて)されており、実際に勃起状態になっても、亀頭部分は敏感な為に挿入後、1分から2分もしくは、挿入後すぐに射精に達するのです。

早漏の種類
過敏性早漏
皮膚や粘膜の神経が過敏すぎて、ちょっとした外的刺激で脊髄末端の射精中枢が興奮の頂点に達し射精してしまう人。性欲や勃起力は非常に旺盛ですが 陰茎の感触神経が非常に過敏なため大脳は充分興奮していないにもかかわらず 精液が自分の思いとは関係なく不本意に放出されてしまう。
衰弱性早漏
勃起神経系の衰えとともに、射精をコントロールする射精管閉鎖筋の筋力が弱くなり精液が力無く漏れてしまう。加齢などで男性ホルモンの分泌力が低下して絶頂まで射精管を閉めていなければならない筋肉が弛緩する事が原因。
心因性早漏
性器に全く刺激がなくても頭の中で想像・妄想しているうちに射精してしまう。 セックスについての想像力が豊かなため、大脳の性感情だけが強すぎ ささいな刺激を勝手に拡大解釈して興奮が高まってしまうのが原因です。
仮性包茎早漏
亀頭が常に陰茎の包皮に被われているため、性交時の刺激(摩擦感)が強すぎて 短時間で射精してしまう。セックスの経験不足、過度の緊張、長時間の禁欲 脊髄神経の反射が過敏なこと、などが原因であることも多い。

早漏克服

08/11/2020
by 店 長

早漏克服講座

早漏を気にして無理に我慢すると射精が正常に行われなくなる可能性があるので注意しなければならない。オナニーの際、射精を我慢して早漏を治そうとすると、膀胱に精子が逆流してしまうことがあり、これが癖になるとオーガズムに達しても精液が出なくなる危険性が高い。
あらかじめオナニーで射精しておく手は、いざ性交となったときに勃起しない一時的なインポテンツに見舞われることがあるので、あまりお勧めできない。また、すでに射精しているため、実際の性行時に射精できない、あるいは射精量が少ないことがあるため、お勧めできない手法である。
多くの場合、精神的要素に影響される為、自分の気持ちをコントロールすることで改善が見込まれる。オナニーの際、「快感を感じ始めたらオナニーを中断して勃起を収め、勃起が収まったらオナニーを再開する」、このサイクルを繰り返して射精までの時間を延ばす、トレーニング法(スタート&ストップ法)がある。また、同様に、オナニーして、射精しそうになったところで、オナニーを中断し、ペニスを冷水につけて、強制的に勃起を収める方法も有効である。

早漏の克服法としては、セマンズ法というのがあり、まずパートナーに用手的に陰茎を刺激してもらいオーガズムに達しそうになったら、刺激を中止させます。射精感が弱まったところで刺激を再開させ、同様にオーガズムに達しそうになったら刺激を中止させます。
これを4回くり返し(苦しい状態ですな・・)4回目で射精します。以上が何度かうまくいくようになったら、いよいよ性交で女性上位でペニスを腟内に挿入しオーガズムに達しそうになるまでパートナーを上下に動かしそして、オーガズムに達しそうになったらパートナーの動きを止め射精感が弱まったら再び始めます。4回目に腰を動かして射精します。女性上位でうまくいくようになったら、次には側臥位で同様のことをくり返し男性上位は最後に行うようにします。
この方法を行うことで、比較的短期間で射精をコントロールできるようになるそうです。
ですが、この方法では女性は性的な満足を得ることが困難なのでパートナーの理解と協力が必要です。
また、根本的な治療ではないですが、一時的なものであれば早漏防止スプレーと言う手もありますので一度考えてみてはいかがでしょうか?
ペニスに吹きつけるだけで早漏防止の効果が得られるスグレモノです。「男露888早漏防止スプレー」など、早漏防止スプレーにはさまざまありますが、理屈はどれもほとんど同じ。ペニスの感覚を麻痺させて、早漏を防止します。早漏の男性は要するに敏感すぎるわけですから、それを鈍感にさせてしまって長持ちさせる、という仕組みなんですね。ペニスを鈍感にするのですから、セックスを楽しむという点ではいまひとつかもしれません。
ただ、早漏が原因のトラウマがある、といった男性にとっては早漏防止のいいアイテムなのではないでしょうか。

ED治療薬

08/11/2020
by 店 長

edの治療は、男性の性機能障害(インポテンツ)を改善する治療こと。近年は30代を中心にEDに悩む男性が増え、その原因はストレスや食生活の乱れが深くかかわっているとされてます。
日本のed患者は全国で1000万人以上。さらに罹患率は年々増加する傾向が見られ、もはやEDは他人事ではなく誰もがかかる身近な問題として認識されています。

EDとは男性の性機能障害(勃起傷害・勃起不全)のことで、日本においても全国で1000万人以上の患者がいると推定される、ごく一般的な病気です。しかし、性機能に関する病気なだけに恥ずかしくて病院に治療に行くことが出来ずに一人で悩んでしまうことが多く、その治療率は5%未満だと言われています。
EDは決して不治の病ではありません。この病気を正しく理解し、バイアグラRやレビトラR等の治療薬の処方をはじめとする適切な治療を受ければ治る可能性が十二分にあるのです。EDは命に関わる病気ではありませんが、充実した人生を送るためにも、決して放っておかずに、まずは正しい知識を身につけることから始めてください。「もう、一人で悩む必要はありません。」

1998年に男性を対象として行われた調査によると、成人男性の4人に1人が“勃起が十分でなく、時々性交ができない”中等度ED、もしくは、“勃起しないため常に性交ができない”完全EDです。“たまにできない”軽度EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、その割合は、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のなんと81%にものぼるという報告もあります。
EDの診察・治療方法は、医療機関によって異なりますが、一般的には簡単な問診表の記入してもらい、心臓などに異常がないと判断されれば、内服のED治療薬によるED治療が開始されます。内服のED治療薬は、現在、2種類発売されており、患者さんの選択肢が広がったことから、より自分に合ったED治療を受けることが可能となりました。
もし、ED治療薬が服用できないと判断されたり、有効性が認められなければ、陰茎への注射や補助器具による治療も可能です。

ed治療薬を服用するにあたっては、必ず服用できるかどうかを医師に確認してもらうようにしましょう。心臓の病気などで硝酸剤(ニトログリセリン)を使用していたり、排尿障害や血圧のお薬など*を服用している場合はED治療薬を服用することができません。
医師に相談するのが恥ずかしいからといって、自分の判断で服用することは危険です。EDの診察には配慮している医療機関も増えてきていますので、服用を希望する場合には必ず医師に相談してください。

インポテンツ

08/11/2020
by 店 長

インポとはインポテンツの略で、男性の勃起障害のことをいいます。つまりおちんちんがたたない状態です。80%以上が精神的な原因です。
勃起不全(ぼっきふぜん、英:Erectile Dysfunction; ED)は、「勃起機能障害」、「勃起障害」ともよばれる、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態をいう。
「インポテンツ」(独:Impotenz、略称:「インポ」)とも呼ばれるが、直訳すると「性的不能」となり、人格否定の響きがあり、「ED」と呼ばれるようになってきている。
しばしばEDはSDと同一視されるが、SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」[2]と定義されており、EDはSDの一つに過ぎない。

EDに悩む人は先進国において男性人口の1割を占めるといわれ、加齢に伴い増加傾向にあり、日本では40~50代男性の半数がEDに悩んでいるという報告もある。一つには糖尿病、うつ病、高血圧の治療薬が原因になることもある。
先進国に多いことからも判るように、機能性EDの多くは、精神病やストレスなどの心因性で、交感神経の緊張により血管が収縮し、海綿体への血液流入が遮断されることによると考えられる。
EDの程度は軽症(たまに勃起できない)、中等度(勃起が充分でなく、時々性交ができない)、完全型(勃起しないため常に性交できない)に分かれる。

年齢を重ねるごとにEDになる確率は高くなっていき、50代以上の日本人男性の、実に5割以上がEDの悩みを抱えています。このインポテンツは年齢のせいだけではありません。中高年になるとインポテンツになる人は確かに増加してきます。
インポテンツは、運動不足やお酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎなど、生活の悪習慣が原因であるケースが多く、また高血圧症、糖尿病など生活習慣病が引き金となることもあります。
若い世代のED患者が増加傾向にあるのも、このような生活習慣の乱れが原因と言えます。インポテンツは、治療すべき生活習慣病のひとつと考える必要があるでしょう。このようにインポテンツは様々な原因によって引き起こされますが、その中の一つの原因としてタバコの喫煙があるわけです。
もし、あなたは突然インポテンツになってしまったらどうしますか?すごくショックですよね・・・
これは男にしかわからない悩みですが、立たないっていうのはものすごくショックです。よくメンソールを吸っているとインポになると言われますが、タバコ自体を吸っている限り誰しもがなる可能性があると言えます。タバコを吸っていないからといってインポテンツにならないとは限りませんが、禁煙をすることでインポテンツになる確率確かに低くなります。
インポテンツ改善法
男性にとってインポテンツであることは大変な悩みとなります。肝心なときに、役に立たなくなることは、男性にとってプライドにかかわるもので、一度失敗するとそれが気になって次もまた...という様にダメになっていく、インポテンツになっていくようです。
インポテンツであることで、カップルや夫婦間の大きな問題になることもあり、男性だけの問題ではないのです。ただ、インポテンツの正しい知識を理解することで、どうしたら克服できるのかがわかります。
そういったこともあり、インポテンツで悩む人へ海外で大人気の精力剤、精力増強剤、勃起薬、滋養強壮剤の通販を当サイトで紹介しています。

バイアグラ(ファイザー製純正品 一般名:シルデナフィル)とは

11/26/2019
by 店 長

バイアグラ錠(VIAGRATablets)は1998年5月、米国ファイザー社より発売されました。現在世界110ヶ国以上で発売されている実績が示すように、バイアグラは“世界で証明された安全性”のある、とても優れたED治療薬です。日本でも1999年3月より発売となり、6年間で120万人以上に使用されています。ED治療薬と言えばバイアグラを連想されるほど有名なお薬です。

バイアグラはあらゆる薬の中でも知名度トップクラスの薬で、副作用が多かったり、食事の影響を受けやすい、薬の効いてる時間が短いといった点もありますが、バイアグラの人気は根強いものがあり、多くの方がバイアグラによる勃起の硬さに満足されています。


バイアグラの特徴
知名度トップクラス、空腹時もしくは食事の1時間前に服用すると効果的

効果
服用後1時間程度から性的刺激を与えることで効果が現れます。
最大4時間程度まで効果が持続します。
※必ず性的刺激を与えてください
効果により勝手に勃起するお薬ではなく、性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしません。勃起状態を補助するお薬とお考えください。

副作用
バイアグラの効果が現れると同時に多くの方が「顔のほてり」を感じます。

これは血管を広げる作用によるものであり効果の現れた証拠でもあります。
その他に「頭痛」「動悸」「鼻炎」「不快感」や光に過敏になり色が変化して見えたりする「視覚異常」などがありますが、4~6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。

※どうしても気になる症状がでるとき、他の副作用または異常を感じたときには服用を中止し、必ず医師にご相談ください。
※服用後4時間を越えて勃起が続く場合は、勃起機能に危険が及ぶ可能性がありますのですぐ医療機関で診察を受けてください。